さくら進学クリニック 『進学コラム』

千葉県北西部の公立上位高校志望の受験生に受験情報に関するアドバイスをお送りするブログです

 千葉県北西部の公立上位高校志望の受験生に受験情報に関するアドバイスをお送りするブログです
 受験勉強のやり方など勉強に関するアドバイスは、もうひとつのブログ さくらweb進学塾 に掲載しています
 高校受験Q&A、上位校の入試状況などは さくら進学クリニック にまとめています

 2022年千葉県公立高校入試は2月24・25日です

 公立上位校を目指す進学塾 《さくら進学塾》 では中3生・中2生を募集しています
 詳しくは さくら進学塾のホームページ をご覧ください

626.私立高校の入試システム

こんにちは、さくらです。
公立上位校受験の手引きの3回目、「3.私立高校の入試システム」をお届けします。


3.私立高校の入試システム

千葉県の私立高校は選抜方法の違いで2種類に分けられます。

1.入学試験の成績で合否が決まる高校
2.中学校の成績をもとに、12月の入試相談でほぼ合否が決まる高校


1.のタイプの高校はいわゆる上位校で、私の知る限り
渋谷教育学園幕張・市川・昭和学院秀英
専修大学松戸・芝浦工業大学柏・日本大学習志野
成田・麗澤の8校しかありません。

このタイプの高校はほぼ入試の得点のみで合否が決まります。
中学校の成績はほとんど関係ありません。(芝浦工大柏は中3の内申点を加算しますが、5科受験で45点とわずかな点数です)

単願や第一志望の制度がある高校もありますが、得点の優遇があるだけで合格の保証はありません。(ただしスポーツ推薦は除きます)
併願でも単願でも合格を手にするためには、試験で合格点を取れるよう受験勉強を頑張るしかありません。
合否の目安に偏差値を使う意味があるのも、掲示による合格発表があるのも、このタイプのみです。


2.のタイプの高校は安全校として使われることの多い学校で、県内私立高校の大半はこのタイプです。
このタイプは中学校の成績が基準を満たしていれば、12月の入試相談でほぼ合格が約束されます。
逆に、基準を満たしていなければ安全校としての受験はできなくなります。
(相談を通さなくても受験することはできる高校や、試験勝負の入試を併設している高校もあります)

入試の成績は合否にほとんど反映されないので、このタイプの高校に偏差値は意味がありません。
ただし、コース分けがある高校では、上位コースでの合格には入試での得点が重視されることが多いです。
例えば八千代松陰の場合、相談で内定がもらえるのは進学コースのみで、IGSやAEMでの合格には入試で合格基準点を超える必要があります。

多くの受験ガイド本には入試相談の基準が掲載されています。
自分の成績が基準に達しているかどうか、早めに確認しておきましょう。


ここで入試相談について少し説明しておきます。
入試相談は公的な制度ではありません。
12月中旬に中学校の先生が受験予定の生徒の成績表を持って私立高校に出向き、一人ひとりの合格の可能性を相談するというものです。

そこで、「この生徒は大丈夫」とか、「この生徒は入試で頑張ってもらわなくては」とか合格の可能性について確認するわけです。
(実際の現場を見たわけではないので、セリフは私の想像です)
もちろん12月ですからまだ願書も出していません、これは中学校と私立高校の裏取引(言葉は悪いですが)ということになります。

相談結果の扱いは私立高校によってさまざまですが、OKをもらえば「ほぼ合格が内定される学校」(県内私立の大半はこのパターン)、「入試の点数に加点してくれる学校」など、いずれにしても「かなり有利」に受験できることになります。
(内定をもらったからといって絶対に合格するわけではありませんが、普通に受験ができればほぼ合格がもらえるでしょう)

入試相談の基準は、私立高校から「単願は9科○○以上、併願は○○以上」という具合にあらかじめ中学校側に通知されています。
その基準をもとに、11月に中学校で三者面談を行うので、入試相談のある私立の合否は三者面談の段階でほぼわかることになります。

逆にいえば、三者面談の行われる11月までには、入試相談のある私立高校についてはどこを受験するのか決定しておかなくてはならないわけです。
受験生は第1志望校ばかり考えてしまいがちですが、真っ先に決める必要があるのは安全校のほうなのです。
(公立高校の願書提出は2月に入ってからなので、公立の受験校を決めるのはまだまだ先でOKです)

さくら進学クリニックの受験の手引きページにもどる


ランキングに参加しています。
クリックすると投票していただけます(ランキングの画面が開きます)、よろしくお願いします。
にほんブログ村 受験ブログ 高校受験(指導・勉強法)へ人気ブログランキングへ

 《コメントについてのお願い》
 ・コメントはできるだけ最近のコラムにお願いいたします、古いコラムにコメントしていただいても気づかない場合があります
 ・コメント欄はコラムに対するご意見やご質問、受験情報を書き込んでいただくものです
  読者のコミュニケーションの場ではありませんので、掲示板的な書き込みはご遠慮ください
 ・情報は中学校や高校からなど確証のあるものをお願いいたします、うわさ話などの不正確な情報は書き込まないでください
 ・受験勉強のやり方など勉強に関するご相談は「さくらweb進学塾」に書き込みをお願いいたします
 ・ネット上に個人情報をさらすことはトラブルの元になります
  ご相談以外で、成績、志望校、部活動などの個人情報を書き込まないようにしてください
 多くの受験生や保護者の方が見ています、他人を不快にしない、役に立つコメントをお願いいたします
 不適切なコメントと判断した場合、削除させていただく場合があります