さくら進学クリニック 『進学コラム』

千葉県北西部の公立上位高校志望の受験生に受験情報に関するアドバイスをお送りするブログです

 千葉県北西部の公立上位高校志望の受験生に受験情報に関するアドバイスをお送りするブログです
 受験勉強のやり方など勉強に関するアドバイスは、もうひとつのブログ さくらweb進学塾 に掲載しています
 高校受験Q&A、上位校の入試状況などは さくら進学クリニック にまとめています

 2021年千葉県公立高校入試は2月24・25日です

 公立上位校を目指す進学塾 《さくら進学塾》 では中2・中3クラス生を募集しています
 詳しくは さくら進学塾のホームページ をご覧ください

569.都立高入試で三平方の定理が出題されない件

こんにちは、さくらです

東京都教育委員会は、来春の都立高入試で三平方の定理や関係代名詞を出題しないと公表しました。
休校が長期化して授業が遅れていることに配慮したということです。
千葉県教育委員会も出題範囲について検討すると言っていますから、今後、出題範囲を減らすような発表があるかもしれません。

多くの中学生にとって、公立入試の出題範囲が減ることは歓迎すべきことでしょう。
しかし、上位校を目指す受験生には関係のないことです。


あなたは今、何のために受験勉強をしているのでしょう。
そもそも、何のために高校受験はあるのでしょう。

それは「自分の能力に応じた高校教育を受けるため」です。
上から下まで様々なレベルの高校があるのは、様々な実力の生徒に「能力に応じた高校を選択してもらうため」です。

千葉高校船橋高校で勉強したければ、千葉高校船橋高校の授業についていけるだけの実力が必要です。
その必要な実力は入試の出題範囲が減ったとしても変わりはありません。
中学校で学ぶべき三平方の定理や関係代名詞を使いこなせるようになっていなければ、千葉高校船橋高校の授業についていくのは難しいでしょう。
入試の内容がどうなろうとも、中学校で習う内容を隅々まで理解していなければ高校での勉強に支障が出るのです。

東京都教育委員会は入試に出題されない内容でも、中学卒業までには学習するよう求めています。
したがって、高校入学後にその内容を再度教わることはないと思ったほうがよいでしょう。
そもそも高校の先生は、中学校でどこまで教えているかなんて知るわけもないのです。
(特に公立上位校の先生はお年寄りベテランが多いですから。ベテランは経験は豊富ですが、状況に応じた変更はできにくいものです)


まあ、実際には公立では出題されなくても、私立ではガンガン出るはずなので心配は無用です。
上位校を目指す受験生は出題範囲がどうなろうとも、気にすることなく、中学校の全範囲を完全理解することを目指して頑張りましょう。
中学校の授業が遅れていても全然平気です、自分で必要な勉強をしっかりやれば志望校に合格できます。
そもそも勉強など1人でコツコツやるものです。

上位校を目指す受験生には「勉強する」という以外の選択肢はありません。
たくさん勉強した人が勝ちます。
公立上位校の受験とはそういうものです。


ランキングに参加しています。
クリックすると投票していただけます(ランキングの画面が開きます)、よろしくお願いします。
にほんブログ村 受験ブログ 高校受験(指導・勉強法)へ人気ブログランキングへ

 《コメントについてのお願い》
 ・コメントはできるだけ最近のコラムにお願いいたします、古いコラムにコメントしていただいても気づかない場合があります
 ・コメント欄はコラムに対するご意見やご質問、受験情報を書き込んでいただくものです
  読者のコミュニケーションの場ではありませんので、掲示板的な書き込みはご遠慮ください
 ・情報は中学校や高校からなど確証のあるものをお願いいたします、うわさ話などの不正確な情報は書き込まないでください
 ・受験勉強のやり方など勉強に関するご相談は「さくらweb進学塾」に書き込みをお願いいたします
 ・ネット上に個人情報をさらすことはトラブルの元になります
  ご相談以外で、成績、志望校、部活動などの個人情報を書き込まないようにしてください
 多くの受験生や保護者の方が見ています、他人を不快にしない、役に立つコメントをお願いいたします
 不適切なコメントと判断した場合、削除させていただく場合があります