さくら進学クリニック 『進学コラム』

千葉県北西部の公立上位高校志望の受験生に受験情報に関するアドバイスをお送りするブログです

 千葉県北西部の公立上位高校志望の受験生に受験情報に関するアドバイスをお送りするブログです
 受験勉強のやり方など勉強に関するアドバイスは、もうひとつのブログ さくらweb進学塾 に掲載しています
 高校受験Q&A、上位校の入試状況などは さくら進学クリニック にまとめています

 2021年千葉県公立高校入試は2月24・25日です

 公立上位校を目指す進学塾 《さくら進学塾》 では中2・中3クラス生を募集しています
 詳しくは さくら進学塾のホームページ をご覧ください

530.卒業おめでとうございます

得点開示報告について

前回のコラムで得点開示の情報を教えてくださいとお願いいたしました。
コメント欄に記入していただいた方、私に直接送信していただいた方、ご協力ありがとうございます。
1週間でのべ70件以上も報告していただきました。

これから報告してくださる方は、前回のコラムをよく読んで情報提供をお願いいたします。
特に後期選抜の情報は数が集まりにくく、例年、合格最低点の絞り込みが難しくなっています。
後期選抜を受験された方、ぜひ情報をお寄せ願います。(もちろん前期だけの方も大歓迎です)

よろしくお願いいたします。

得点開示の書き込みは最新のコラムのコメント欄にお願いいたします。

530.卒業おめでとうございます

こんにちは、さくらです。

中学校では卒業式が行われている頃でしょう。
この間まで受験生だったみなさん、卒業おめでとうございます。
受験勉強のためにやりたいことができなかったぶん、高校入学まで存分に羽を伸ばしてください。

同時に高校生になるための準備も進めていきましょう。
数学の予習は進んでいますか?
数学以外の教科も教科書を入手したら目を通しておくとよいでしょう。

卒業を迎えた皆さんに、春休みに読んでおきたい本を2つ紹介します。
この機会を利用して「未来の自分」の土台を作るためのヒントをつかんでください。

君たちはどう生きるか 吉野源三郎

<目次> (岩波文庫版)
1.へんな経験(ものの見方について)
2.勇ましき友(真実の経験について)
3.ニュートンの林檎と粉ミルク(人間の結びつきについて)
4.貧しき友(人間であるからには)
5.ナポレオンと四人の少年(偉大な人間とはどんな人か)
6.雪の日の出来事
7.石段の思い出(人間の悩みと、過ちと、偉大さとについて)
8.凱旋
9.水仙の芽とガンダーラの仏像
10.春の朝

新しい世界に向かう君に贈る本の定番。
初版は1937年と古いものですが、今読んでも若者の本質に変わりはないと感じます。
最近、マンガ版が出て話題になりましたから、すでに読んだ人もいるかもしれません。

主人公のコペル君は旧制中学の2年生、本編中にも出てきますが、旧制中学に通う=エリートという時代です。
上位校に進学する生徒にはよい心構えになると思います。
大人になってから読んでも得るもののある本ですが、10代に読んでおけばよかったと後悔もさせてくれます。

中学生に読みやすいのはマガジンハウスの新装版ですが(もちろんマンガ版でも)、読書力に自信があれば岩波文庫版もおすすめです。
岩波文庫版には文末に丸山真男の回想がついていて、これもまた秀逸です。(これは大人が読みたいものです)

中高生が自分から買うような本ではないので、ぜひプレゼントしてあげたい1冊です。


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

君たちはどう生きるか [ 吉野源三郎 ]
価格:1404円(税込、送料無料) (2018/3/18時点)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

君たちはどう生きるか (岩波文庫) [ 吉野源三郎 ]
価格:1047円(税込、送料無料) (2018/3/18時点)


「君たちの生きる社会」 伊東光晴

<目次>
・はじめに
・おどろくな、あわてるな
 1.食糧問題を考える
 2.エネルギー問題を考える
・お金の世界−内と外
 1.欲望を作り出す世界−君たちは広告にやられていないか
 2.お金の世界は油断するとやられる世界でもある
 3.お金の外の経済の世界−公害を考える
 4.お金はなぜたやすく手に入らないか
 5.もうけはどこから
 6.不平等について
・日本の社会を考える−欧米とのちがいのなかで
 1.風土のちがい、考え方のちがい
 2.社会のちがい、考え方のちがい
・技能に生きる世界−そこにかくされているもの
・おわりに

経済学者が書いた、お金(経済)を通して社会の仕組みについて学べる一冊です。
プロ野球選手の給料はなぜ高いのか」など、身近な話題からお金(経済)の仕組みを教えてくれます。
他にも「食糧問題」「エネルギー問題」「格差」など、まさに現在問題になっているテーマが語られています。
1978年発行と少し古い本ですが、今の生徒が読んでも現在のこととして受け取れるでしょう。

「常識は本当に常識なのか」
「見えていない部分を考えてみよう(疑ってみよう)」
という視点は、大人が読んでも考えさせられます。
原発について、30年以上も前に「経済の観点から不必要である」と説いていることにも驚きます。

君たちはどう生きるか」が倫理面(内面)を中心に書かれているのに対して、こちらはもっと実生活に役立つ考え方が中心になっています。
教科書からは得られなかった、現実社会に対する「ものの見方」が衝撃的に入ってきます。
(私も大学生の頃に伊東先生の「常識をひっくり返すような考え方」に感動したものです)

高校生になれば中学時代よりお金とのつきあいが深くなります。
そのぶん、お金のトラブルに巻き込まれる可能性も高くなるでしょう。
この機会にお金と社会の仕組みを学んでおくことは大切なことだと思います。

これも中高生が自分から買うような本ではないので、ぜひプレゼントしてあげたい1冊です。
若い人向けに書かれた本ですが、大人が読んでも目からウロコです!


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

君たちの生きる社会 (ちくま文庫) [ 伊東光晴 ]
価格:756円(税込、送料無料) (2018/3/18時点)


ランキングに参加しています。
クリックすると投票していただけます(ランキングの画面が開きます)、よろしくお願いします。
にほんブログ村 受験ブログ 高校受験(塾・指導・勉強法)へ人気ブログランキングへ

 《コメントについてのお願い》
 ・コメントはできるだけ最近のコラムにお願いいたします、古いコラムにコメントしていただいても気づかない場合があります
 ・コメント欄はコラムに対するご意見やご質問、受験情報を書き込んでいただくものです
  読者のコミュニケーションの場ではありませんので、掲示板的な書き込みはご遠慮ください
 ・情報は中学校や高校からなど確証のあるものをお願いいたします、うわさ話などの不正確な情報は書き込まないでください
 ・受験勉強のやり方など勉強に関するご相談は「さくらweb進学塾」に書き込みをお願いいたします
 ・ネット上に個人情報をさらすことはトラブルの元になります
  ご相談以外で、成績、志望校、部活動などの個人情報を書き込まないようにしてください
 多くの受験生や保護者の方が見ています、他人を不快にしない、役に立つコメントをお願いいたします
 不適切なコメントと判断した場合、削除させていただく場合があります