さくら進学クリニック 『進学コラム』

千葉県北西部の公立上位高校志望の受験生に受験情報に関するアドバイスをお送りするブログです

 千葉県北西部の公立上位高校志望の受験生に受験情報に関するアドバイスをお送りするブログです
 受験勉強のやり方など勉強に関するアドバイスは、もうひとつのブログ さくらweb進学塾 に掲載しています
 高校受験Q&A、上位校の入試状況などは さくら進学クリニック にまとめています

 2021年千葉県公立高校入試は2月24・25日です

 公立上位校を目指す進学塾 《さくら進学塾》 では中2・中3クラス生を募集しています
 詳しくは さくら進学塾のホームページ をご覧ください

526.公立後期選抜志願状況

こんにちは、さくらです。
今日は公立後期選抜の願書受付が行われました。
夕方には志願状況が発表されましたので、上位校(普通科)の志願者数と倍率を見てみましょう。
(小金は総合学科ですが)

学校名    定員     志願者    志願倍率 (昨年の志願変更後の志願倍率)
県千葉    96名   220名   2.29倍  (1.95倍)
船橋   128名   291名   2.27倍  (2.43倍)
東葛飾    98名   213名   2.17倍  (2.60倍)
千葉東   128名   266名   2.08倍  (2.10倍)

佐倉    112名   288名   2.57倍  (1.89倍)
薬園台   113名   180名   1.59倍  (1.47倍)
市千葉   112名   240名   2.14倍  (1.85倍)
小金    128名   293名   2.29倍  (1.91倍)

佐倉が県千葉・県船橋を押さえて上位校トップになっています。
再志願率の高い佐倉高校が戻ってきた感じです。(再志願率89.7%です)
学区内2番手の成田国際が普通科最高の2.68倍というのも影響したかもしれません。

同じく再志願率が高めなことが多い東葛飾は再志願率74.2%と例年になく大幅に抜けています。
やはり2クラス減の心理的影響は大きかったということでしょう。

1・2番手校以外では
前期で2倍割れした船橋東が前期不合格者より75名も増えて、再志願率147.8%とすごいことになっています。

25・26日には志願変更がありますが、悩んでいては肝心の勉強が進みません。
決めるなら早く決めてさっさと勉強に打ち込みましょう。


ランキングに参加しています。
クリックすると投票していただけます(ランキングの画面が開きます)、よろしくお願いします。
にほんブログ村 受験ブログ 高校受験(指導・勉強法)へ
人気ブログランキングへ

 《コメントについてのお願い》
 ・コメントはできるだけ最近のコラムにお願いいたします、古いコラムにコメントしていただいても気づかない場合があります
 ・コメント欄はコラムに対するご意見やご質問、受験情報を書き込んでいただくものです
  読者のコミュニケーションの場ではありませんので、掲示板的な書き込みはご遠慮ください
 ・情報は中学校や高校からなど確証のあるものをお願いいたします、うわさ話などの不正確な情報は書き込まないでください
 ・受験勉強のやり方など勉強に関するご相談は「さくらweb進学塾」に書き込みをお願いいたします
 ・ネット上に個人情報をさらすことはトラブルの元になります
  ご相談以外で、成績、志望校、部活動などの個人情報を書き込まないようにしてください
 多くの受験生や保護者の方が見ています、他人を不快にしない、役に立つコメントをお願いいたします
 不適切なコメントと判断した場合、削除させていただく場合があります